喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

『脳科学で人格は変えられるのか』読後

掲題について読みました。電子書籍であればいいのに。

 

小話形式になっており、非常に分厚かった。

人によっては固くなくていいと思うけれど、結論が欲しかったので、個人的には嫌。

 

脳の部位の働きを解説しながら、楽天的な人間の脳の働きがどうなっているのかを、fMRIで計測していったことをつらつらと書いてある。

 

1.楽天的な人と悲観的(抑うつ状態)の人で脳の働きと認知度に違いが出る。

悲観的な人はネガティブな情報に『引き寄せられる』傾向があり、

楽観的な人はネガティブな情報を『避ける』傾向があった。 要約

 

確かに!確かに、意味のあること、ない事から、ネガティブな結果を引き出してた気がする。

障害物に当たって、いちいち気持ちが失速していたけど、楽天的な人はあれがないのか。強いなそれ。分けて欲しい。

 

2.楽観的な人は大脳新皮質?と扁桃体に繋がる神経が太く繋がれているので、理性的なふるまいができやすい。

 

うん。本能で怯えてるなら仕方がない。次いこう。

 

3.認知行動療法のメソッドを取り入れたらよい。

 

抑うつとかに効果的だからね。

自分の感情・思考にラベルを張って、抑うつ特有の思い込みを取り払おうという手法ね。これは、また別の記事でまとめよう。

 

 

4.マインドフルネスも良いデータで出るよ。

 

マインドフルネス、前に話題になったねぇ。

 

 

総括

巷で良いというものを科学的に(fMRI等のデータを見ながら)検証していった感じの本だった。

認知行動療法、マインドフルネス、やっていきましょう。

理論や詳しい話が知りたい方は、本を読んで、どうぞ。

 

 

 

脳科学は人格を変えられるか? (文春文庫)

脳科学は人格を変えられるか? (文春文庫)

 

 

熱意や欲望が戻ってきた話

最近、おいしいものを食べたいと思ったり、

彼女が欲しいと思ったり、

ゲームがしたいと思ったり、

欲求が戻ってきました。

 

病気になる前は、とても禁欲的な人間でした。

今は、潔癖的ではなく、欲求を嫌うこともなく、

適度に向き合い、動く事ができています。

 

 

もちろん揺り戻して、虚無感が出たり

まだまだ、本調子ではありません。

けれども、そんなもんかと毎日生きてます。

 

 

適当教典 (河出文庫)

適当教典 (河出文庫)

 

 落ち込みがひどかった時、高田純次を勧められました。

しかし、彼は苦手なタイプの人間でした。

合う合わないがあると思いますが、参考にできる方はぜひ。

希死念慮と疲労度の関係

希死念慮、自殺願望のお話。

 

余計な事を考えなければいいのに、ふとした希死念慮に見舞われる。

そうした時は疲労が溜まってるなと認識して、頓服を飲んで寝る。

 

私だけかもしれないが、体力ゲージがとても短い。

少し外に出ると、「疲れた」から「もう無理」に達してしまう。

死んだように寝たい。

 

本によると、この状態になった人は疲労を感じやすいし、

人格が大きく変わっている。

 

私の場合、人格の変化と疲労が希死念慮に繋がっているのだろう。

分かっていても、何か惹きつけられる。

黒い粘着質な感情に浸っていると、麻酔が効いたみたいに無痛になる。

代わりに感覚・感情を失っている。

 

こんな状態になると、ふとしたところに死の概念がやってくるような

思考回路ができてしまうので、どうかならないようにしてください。

 

自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法

自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法