喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

不登校

精神疾患治療にかかる費用を一割負担にする方法

精神疾患を患っている患者の多くは、収入が乏しくなりがちだ。 かつ毎日高額な診察費を薬代を支払っていることが多い。 そのため日本には精神疾患者に対象とした自立支援制度がある。 こちらは医師が診断書発行し、そして申請行うことで受給できる制度である…

家でのベターな過ごし方 二段目

一段目では、家での活動時間を記録しようということだった。 目的は、好きな事も嫌いな事も同じだけできるようになること。 次は、体力を作ることだ。 ずっと家にいた僕や、家にいるかもしれない君は、相当体力が落ちている。 これを自覚してほしい。 学校や…

家でのベターな過ごし方 一段目

学校行ってないと、家ではめちゃくちゃ暇だ。 けど、外には出たくない。 僕はそうだった。 君もそうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。 大事な事は、君が楽しんで生きるためにはどうしたらいいか。 であって、今の過ごし方にケチをつけようってもの…

学校復帰への3ステップ

今回は、僕が大事にしている学校復帰への3ステップについて書いていく。 これは持論だし、賛否両論もあるかもしれない。 経験則みたいなものだと思ってほしい。 前置きはさておき、3ステップについて書いていこうかな。 ①心の安定 ②体の安定 ③集団での安定…

お金を稼ぐという事とは

前回の続きだ。 お金って何のためにあるんだろう。 そもそもお金を稼がないと生きていけないってなんでだろう。 どうやって稼げばいいんだろう。 今回はそんなお話です。

生活リズム改善の重要性

児童の居場所ができた後の話です。 今回は生活リズムの改善の重要性について説明します。 不登校児童に指導する際、学校に行く・社会に復帰することを目的としています。 復帰を3ステップとするならば、生活リズムの改善は3ステップ中の2番目になります。…

不登校児童の保護者にまずお願いすること

私は不登校児童、及び保護者との電話相談をやらせてもらってます。 進路相談や生活習慣のアドバイスが主になっています。 雑談に話が逸れることも多々ありますが・・・。 相談員として、保護者の方にまずお願いすることがあります。 児童の居場所になってあ…

学校に行く目的について

はじめに、自己紹介をさせてください。 僕は小学校・中学校は全然学校に行けていません。 高校は留年しそうになりましたが、何とか卒業できました。 周りの多くの支えもあって、大学も大学院も行けました。 就職もできました。 が、今は自営業としてまったり…