喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

田舎とツーリズム

自活するためにも、農業について軽く体験しておきたいと考えてたら、ツーリズムという言葉が頻繁に出てきました。

 

ツーリズムとは・・・

農山漁村地域において、自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動のこと。(農林水産省/「グリーン・ツーリズム」とは

人口が減少する地域での町おこしの一貫として行われているらしい。近隣の市・群でも頻繁に行われている。近くの市では年々人口が全体の3%程度減少しているため、なんとか機会を設けて魅力を知ってもらおうと考えているようだ。費用が書いてなかったり、自然を用いたイベントというのは、様々な自治体が行っているため、差別化が難しそうだ。

人が流入することを考えるならば、空き家等を行政が買い取り、シェアハウスなどに改装した後、無償・もしくは限りなく低料金で開放するといいのではないかと考える。”ナリワイをつくる”の著者が実践されているように、定期収入が無くても、暮らしていける”自活力”のある方々は多く存在している。そうした労働力を過疎化が進んだ農村に呼び込み共存していくようになってくれるといいなぁ。

職を失ってもなんとかなりそうだ。