喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

携帯料金節約について


Firefox Mobile / Johan Larsson

 

今やスマートフォンは生活に欠かすことのできない電子機器となっています。

 ですが、維持費が高いと悩む方も多いと思います。

調査結果の概要によると、スマートフォンについては、データ通信量において、月間で2GB程度になる人を一般ユーザー、500MBをライトユーザーとして、2つのモデルに分類された。一般ユーザーは東京が7263円で、7都市中4番目に安かった。

日本のスマホ料金は高い!? 総務省が世界7都市の通信料を比較 - ケータイ Watch

 

 

 記事によると維持費は、月額7千円程度であり、年間では5万円にもなります。

 

 そのため、どうすれば維持費を安くすることができるのかをまとめました

 

①  キャリアを乗り換える(MNP

 メリット

 毎月の支払いが2000円~3000円程度節約できる。

 端末が割安(数万の機種が0円)で買える。

 端末によってはキャッシュバック(数万円程度)がある。

 

 デメリット

 メールアドレスが変わる。

 

 スマートフォンの支払いが3000円節約できる?乗り換えの魅力

 

②  携帯電話を二台持ちにする(例外有り)

 

 メリット

 毎月の支払いが2000円程度節約できる。

 

 デメリット

 端末を2台購入する必要がある。

 端末を2台持つ必要がある。

 ※例外としてsimカードが2枚挿せる端末の場合、1台持ちが可能

  

 二台持ちでスマホの利用料金が3000円~4000円節約できる

 simカードが2枚挿せるスマートフォン covia phoneを買ってみた

 covia CP-F03a で携帯電話の二台持ちを解消 -

 covia phone を使って二台持ちを解消 -設定編-

 

③  割安な携帯端末を購入する

 

 メリット

 毎月の支払いが1000円~2000円節約できる。

 

 デメリット

 割安な端末を探す必要がある。

 

 

  関連記事

 

 格安スマホを選ぶ時、注目すべき4つのスペック - 生活サポート24時

 

 格安スマホより安くてハイスペック!格安機種変更の方法 - 生活サポート24時

  

 実質0円に要注意。スマートフォンを買う前に - 生活サポート24時