喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

生活コストを下げて豊かに生きていく

最近労働時間が増えて、お金は増えるけど、お金を使う暇がありません。

いずれ、お金が溜まったら最近流行りのスローライフを送りたいなぁ、と思っています。

ニートの生き方”で有名なphaさんや”ナリワイをつくる”で有名な伊藤洋志さんの生活とか憧れます。

 

今回は生活コストを下げる狙いとスローライフで稼ぐ方法について述べていきたいと思います。

 

生活コストを下げる狙い

 

私がお金を稼ぐ理由は、生活のためです

つまり、生活に必要なお金が少なければ少ないほど、働く必要が無くなるということです。

生活コストを下げる=働く必要性が下がる

という理屈です。

貧乏になると、生活に困るんじゃないかと思いますが、私はそうは思いません。

 

勝間和代さんの考えるお金持ちの定義とは、時差があること、と言われています。

金持ちは、流行のものを買ったり、新書を買ったりします。すなわち、お金を消費して流行の先端を得ることができます

貧乏人は、型落ち品を持ちますし、図書館で本を借りたりします。すなわち、お金を消費せずに、流行より遅れた品を手に入れることができます。

 

しかし、私達が感じているように、この差は年々減ってきている。

それは、最新のiphoneが数ヶ月、一年したら型落ち品になって激安で買えますし、パソコンだって同様です。

型落ち品だからといって、1年たったら使えなくなるかというわけではなく、実用できるレベルになってます。

 

そのため、生活コストを下げても、私の生活様式は殆ど変わらないでしょう。

強いて言えば、料理をするくらいかもしれません。

 

以上のことより、身の回りの品が型落ちでも気にしないなら、生活コストを下げて、働かない手段もとれるんじゃないかと思う。

 

稼ぎはどうするか:スローライフで稼ぐ方法とは

数日前の記事で述べたように、ネット社会になった弊害により、労働者の人件費、すなわち給料は限りなく安くなります。

 

給料は少なく、労働時間が長くなる。そうした世界は辛いですし、鬱など、精神を病んでしまうこともあります。

 

そうした過酷な労働環境から逃れるためには、ネットの無い"ローカルな環境で仕事をする”しか無いと考えられます。

この考え方は、月3万円ビジネスで有名な藤村靖之さんが述べてらっしゃる考え方です。

 

こちらの本には具体例が載っているらしく、今後は仕事の詳細を考え加筆したいと思います。

そして、こうした情報をまとめ、最終的に人生設計を行っていきたいと思います。

 

月3万円ビジネス

月3万円ビジネス