喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

実質0円に要注意。スマートフォンを買う前に

もうすぐiphone6の詳細が発表されますね。

恐らく本体価格8万円程度の値段になるでしょう。

高いと思われる方、大丈夫です。

「二年間使って頂ければ実質0円になりますから」

 

この実質って制度何だろう。疑問に思いますよね。

何か怪しいことがあるんじゃないかと疑問に思う方も居ると思います。

今回はこの実質0円という制度を詳しく書いていきます。

 

 

スマートフォンの値段

 

スマートフォンは、非常に高額な製品で1台6万~8万程度の値段がついています。

ケータイショップで携帯電話を購入する場合、これを割賦で支払っています。

したがって、スマートフォンの値段は0円じゃなくて、数万円するし、実際支払っています

 

月々サポート・毎月割・月月割

 

携帯・スマートフォンを購入した場合、携帯電話の機種に応じて2年間毎月の料金から割引される制度があります。各キャリアによって名称は異なり、docomoは「月々サポート」、auは「毎月割」、softbankは「月月割」です。

今回は総称して毎月割引と定義します。

これらの割引の合計は、6~8万円となり、機種代金と同額になった場合、実質0円となります。

 

 

毎月割引が受けられなくなる例

 

実質0円についての説明をしましたが、この毎月割引が受けられなくなるようなことがあれば、実質数万円等になりかねません。

割引が受けられなくなる条件をまとめておきましょう。

 

 

1.機種変更をした場合

 

機種変更をすると、毎月割引が新しい機種のものに上書きされます

したがって、以前の割引が無くなりますが、端末の割賦金だけは残っている状態になります。

これを回避するためには、キャリアショップで携帯電話を機種変更するのではなく、キャリアショップ以外でスマートフォンを購入し自分で機種変更をするしかありません。(価格ドットコム等で探せば見つかります)

 

 

 

2.乗り換えた場合

 

毎月割引は毎月の使用料金を割引く制度なので、乗り換えてしまうと割引を受けられなくなります。

 

 

3.パケット定額サービスを解約した場合(スマートフォンに限る)

 

この条件が一番やっかいです。各キャリアは、パケット定額サービスを解約すると、毎月割引が消滅する制度にしています(ガラケー除く)。

携帯料金を節約するために、パケット定額サービスを解約してMVNOやWifiを行う場合、よく計算しないと却って支払いが増えます

したがって、

 

 

今後携帯を買うなら

 

個人的にはキャリアショップ以外で携帯を買って(最新機種が新品未使用品が売りに出ているお店も多くあります)、MVNOで安く使うのが理想な気がします。

そんなに電話しないし、メールもgmailでいいやって方は特にそうです

毎月7000円とか支払ってた料金も3000円くらいに減らせると思っています。

 

 

 中古って言ってますが、新品もあります。興味があれば覗いてみて下さい。

 

 

あと、スマホの選び方が分からない方はこちらを参考にしてください。

 

格安スマホを選ぶ時、注目すべき4つのスペック - 生活サポート24時