喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

人生三大買い物の費用と支払いをどうやって減らすか -住宅編-

人生三大買い物と言えば、「教育」「住宅」「保険」となってます。

私もゆくゆくは、家庭を持ち、子供を育てたいと思うので、費用がどんぐらいかかるもんかと備忘録代わりに。

 

三大買い物の中で、支払いをある程度操作できるのは住宅・保険じゃないかと思います。

教育に関しては、子供の希望をできるだけ尊重したいので、平均以上を覚悟しとこう。

 

支払い額に関しては、「20代、結婚までに知っておくべきお金の使い方」を参考に。中古住宅に関しては、「中古住宅の買い方・選び方」「資産価値の高い家づくり22の知識」を参考にしています。

 

 

 

 

住宅の平均費用は・・・3600万

 

住宅の価格は恐ろしく高いです。35年ローンになるのも納得いく話です。

ローンの1%が住宅ローンによって控除されるにしても、住宅のために30年も働くのは、なんだかなぁと思います。

 

家賃の支払いとローンの支払いが同じ額なら家を建てたほうがいいって考え方もあります。個人的には、30年間も雇用が続くとは限らないのでリスクが高くてできません。

そして、30年間も新築の価格が維持できない。

木造建築物の資産価値は22年で(税制上は)0円になるので土地の値上がりが期待できない限りは、支払った額に対して、増えた資産が少ない。

 

支払いを減らすには・・・

 

選択肢としては、「中古住宅」「セミオーダー」「自分で建てる」になると思います。

 

 

中古住宅

 

中古住宅は、同じ条件の新築に対して二割引程度で購入できると言われています。

平均値からニ割引すると2880万円、即ち720万円の節約になります。

一般的な世帯の平均手取りが400万なので、約2年間働かずに済むことになります。

もちろん、中古住宅は目利きが必要ですし、潔癖な方には向いていないかもしれません。しかし、大きな買い物ですので、その効果は絶大だと思いますので、ぜひ検討を。

 

ここらへんでしょうか。

 





 

 

 

セミオーダー住宅

 

私も本を読んで知ったのですが、家って1件1件オーダーメイドなんですね。

なので、ちょっと間取りをずらしたり、ちょっと建物の高さを変えるだけで手間賃がひたすら嵩んでいくシステムになっています。

なので、出荷される材料と同じ規格で家を作っちゃえば家が安く作れるというコンセプトで作っている住宅。それがセミオーダー住宅になります。

 

f:id:hyougaa:20140927202513p:plain

セミオーダー « 建築家とつくる高性能デザイン住宅を手の届く価格でR+house[アール・プラス・ハウス] より

 

説明の絵が本と同じなんだけど、もしかしてパクリ

 

 

 

セルフビルド住宅

 

これは、最終形ですね。ナリワイをつくるでも推奨されていました。

住宅は手間賃が7割程度なので、自分で作ってしまえば、材料費だけで済みます。

その結果、1100万円あれば家が建てれます

節約額は2500万円で、もう老後の資金になるくらい節約になってますね。

 

老後資金は本当に3000万円も必要? [定年・退職のお金] All About

 

もちろん、電気配線工事等に資格が必要なので、要免許ですが。

 

ここなんか面白そうですね。

 

DIY 日曜大工で家をつくる セルフビルドのノウハウ

 

 

 

個人的には・・・建てないかなぁ

 

人生の三大買い物の住宅の費用について考えてみましたが、額が大きすぎて買える気がしない

あと、家族が離れて暮らしだした際のリスクを考えると、やっぱり賃貸で、家族の数に応じて引っ越しを繰り返すのが得策な気がしました。

 

しかし、家賃補助が無い場合や、自分の城を持ちたい方には3つの方法、参考になるのではないでしょうか。