喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

ガラケー持ちがスマホに機種変更する前に考えるべき二台持ちのこと

最近iphone6が出たり、スマートフォンの普及も進んでいるのではないでしょうか。

しかし、私の父・母はまだまだガラケーが現役。

使い慣れてて、機能もシンプル。

そして、料金もメールだけなら月2000円程度と、そこそこ。

 

そんな母が最近スマートフォンに興味を持ちだしたところから、この記事は出発しています。

 

 

ガラケーの3倍?料金が跳ね上がる

 

ガラケーと違いスマートフォンは端末代及び維持費がガラケーの数倍になります。

 

スマートフォンは、小型パソコンに相当するスペックを持つため、5~8万円の値段がつけられています。

 

そして、このスマートフォンは常時インターネットに接続されていることで、LINEなどのチャットからナビまで発揮します。この時の通信代金は、家庭のインターネットの接続代金と似た設定で3500円~から、高速通信を求めるなら上限なしで料金がかかっていきます。

 

  

 

f:id:hyougaa:20141026220247p:plain

 

用途がはっきりしていない。もしくは高額な端末代金・維持費をなんとか減らしたいと考える場合、二台持ちを検討しましょう。

 

 

 

二台持ちなら月額1000円からスマホが持てる

 

 

二台持ちとは、言葉の通りガラケースマホを持つことを指します。

この運用方法の利点、MVNOと呼ばれる格安通信業者を利用することで、 月額3500円の維持費を月額1000円~に抑えることができます。

 

そして、スマートフォンを選ぶ際も、価格の安いsimフリースマホや、白ロムと呼ばれるスマートフォン(実用に耐えうるスペックが10000円~)を購入することで、割安になります。

 

f:id:hyougaa:20141026220636p:plain

 

 

二台持ちの利点欠点

 

利点としれば、スマホを使うと考えた際、利用料金が抑えられる点にあります。

そして、多くのMVNOはdocomoausoftbank等の従来キャリアのように二年縛りとよばれる、2年間のうち、特定の1~2ヶ月以外に解約すると約1万円の違約金が発生するという謎の制度は存在しません。

 

欠点としては、まず、端末を2台持ち歩く必要が出てくること、そして、割安な通信業者を使っているため、通信速度が遅かったり、通信速度の上限が低いなどがあります。

しかし、これらの通信に関する制限は、プランのグレードを上げると解消されるので、スマホの使用状況を考えながらコストパフォーマンスの高い、プランを選んで下さい。

 

 

 

 

 

スマホ入門するなら二台持ちがおすすめ

 

ガラケーからスマホに変える場合、端末代金・維持費が高い。

そして、スマホにしても、電池持ちが悪かったり、あまり使い道が無かったりして、無駄な出費になることが往々にしてあります。

そのため、まずは2台目のサブ機として、割安で導入して体験してみることをおすすめします。

 

私の場合、割安なソニータブレット(白ロムで10000円程度)を母にプレゼントしました。ゲームをする際はカクつきますが、地図やyoutube、クックパッドを見る等、母用途には支障がありませんでした。

 

このタブレットに慣れるまで半年程度かかり、ガラケーからスマートフォンに機種変更していたら、色々支障が出ていたかもしれませんw

 

 

 

 

白ロム・格安スマホの選び方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

実際に買う際は、こちらからアクセス頂けると喜びますw