喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

仕事から逃げてしまう人、ぐずぐずしてしまう人の直し方

会社で仕事を任せられても、”失敗したらどうしよう”と、とことん悩む方。

仕事に失敗して、怒られたら妙に委縮してしまっている方。

 

失敗することは、仕方がないことです。

誰だって初めてのことは失敗する可能性が高いです。

 

不安が付きまとったり、委縮してしまうことは、悪循環を引き起こします。

では、どうすれば逃げを克服できるでしょうか。

 

 

 

仕事をする際、失敗したらどうしよう。相手を怒らせたらどうしようと不安になると思います。

 

その時、あなたの仕事は誰に貢献しているのか考えることです。

 

あなた一人の課題だと思うから、自分が傷つきたくないという理由で、逃避してしまうのです。

 

あなたの行動は、誰かのためになっている仕事です。

営業・事務であれば、会社の取引先、ひいては会社の皆の生活を成り立たせるのために。

総務であれば、社内の方に直接貢献しています。

製造であれば、会社の利益。すなわち社内全員の給料のもととなっています。

開発であれば、会社の将来の利益。すなわち将来の社内全員の給料のもととなっています。

 

会社で働くうえで、好きな人、嫌いな人居ると思います。

そうした人たちの生活の一部を成り立たせているのは、あなたの仕事の出来具合でもあるのです。

 

だから、好きな人を幸せにしたいなら、必死に働けるはずです。

人の幸福のためなら、気持ちも幾分か違うはずです。

 

仕事から逃げてしまった時、仕事に嫌気がさしたとき、仕事の意味について考えたとき、自分本位に考えてしまうと、”仕事はしたくない”、”仕事は替えが効く”と思ってしまうはずです。

 

そうではなく、誰に貢献しているのか。誰の生活を支えているのかというのを考えてみてください。

 

あなたは、誰かの生活、幸せに貢献しています。そして、誰かの幸せに直接貢献できるのはあなたです。

他の誰かと代わってしまった瞬間から、あなたは、社内の誰かの生活を金銭的に幸せにすることはできなくなります。

 

だから、仕事が怖いと思う前に、だれを幸せにしてるかを考えてみるとちょっとは前に進めますよ。

 

 

寝る前に読むだけでイヤな気持ちが消える心の法則26

中村 将 KADOKAWA/中経出版 2013-12-21
売り上げランキング : 14153
by ヨメレバ

 

 寝る前とかは、特に憂鬱な気持ちでしょう。

上の本は、モヤモヤしている時に読んでました。

 

2週間悲観的な状況が続くなら、うつの可能性も視野に入れて下さい。

うつは再発率が高く、10人に1人はかかる病気です。

無理せず、自分を大事にして下さい。