喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

スマホ+Wifiルーター二台持ちの利点は殆ど無くなる

前回は、3大キャリアの最低料金についてまとめました。

 

3大キャリアの最低料金とおすすめキャリアをまとめてみた 個人編 

結果は、どこの会社でも最低料金が6500円+端末代といった結果でした。

 

更に維持費を安くしようと思った場合、

①乗り換えを行う

②Y!mobileへ移行

③ガラケー+スマホの2台持ちにする

④スマホ+ポケットwifiの2台持ちにする

 

の選択肢が挙げられます。

今回は、近々④の選択肢が無くなることについて書いていきます。

 

①スマホ+ポケットWifiはなぜ節約になるのか

②スマホの最低維持費の変化

③今後の傾向と対策

 

 

 

①スマホ+ポケットwifiだとなぜ節約になるのか

 

そもそも論からはじめます。

一台持ちはなぜ高いのか?

それは、パケット定額サービスが高額(5700円)だからです。(かけ放題プランは別)

 

二台持ちの場合は、この5700円が0円になり、代わりにwifiルーター分のパケット代が加算されます。


一番有名なWiMAX +2の場合、ポケットwifiの平均支払月額は3,661円。

契約特典で、35,550円キャッシュバックがあるので、2年使用で考えれば、2180円

つまり、5700円-2180円=3520円/月の節約になります。

 

なので、節約後の理想の支払モデルとしては、

 

スマホの基本料金 1000円

メールサービス    300円

ポケットwifi料金   2200円

合計       3500円

 

となっていました。

スマホユーザーの平均月額利用料金は1万円前後なので、かなりお得になっています。

これが、2台持ちによってお得になる理由です。

もう、過去の話になるんですけどね… 

 

②スマホの最低料金の変化

 

スマホを基本料金+メールサービスだけで契約できるキャリアは、docomoだけです。

au、ソフトバンクはどのプランでもパケット定額がついてます。


なので、二台持ちをしようと思うと必然的にdocomoになります。


docomoに関しては、かけ放題プラン(2700円)しか無い上に、パケット定額サービスは2500円からです(高速データ通信量は2GBですが)。

 

月額2200円のポケットwifiを契約しても、あまりお得感はありません。

 

auは、まだ基本料金+メールサービスのみの契約が可能です。

しかし、11月16日からは出来なくなります。

パケット定額サービス(5700円)も、もれなくセットでの契約です。

news.kddi.com

 

そうすると、ポケットwifiを持つ意味ってあまり無くなってしまうんですよね。

 

 

③今後の傾向と対策

 

auを利用中で、ポケットwifiとの2台持ちを検討中の方は、11月17日までに決断してください

料金プランの復活はあるかもしれませんが、あまり期待しない方がいいと思っています。

 

 

同じキャリアをずっと使う方は、割安な機種を購入する事をおすすめします。

 

機種変更で携帯電話をできるだけ安く購入するには