喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

3大キャリアの最低料金とおすすめキャリアをまとめてみた 家族編

3大キャリアの最低料金とおすすめキャリアをまとめてみた 個人編では

docomo.au.softbankの3大キャリアびっくりするほど横並びな料金体系です。

なので、最低料金いくらよ!って話と、違いが無いならどこのキャリアを選べばいいのよ!って話をまとめました。

 

家族になると料金の話はガラッと変わってくる

 

docomoが紹介しているように、家族だとパケット代が安くなる。

ただ、パズルのように複雑で、安易にいじると割引が減ってしまう罠付き料金プラン。

(パケットパック15以上でないと、割引が十分受けれない機種がある。対象機種はシェア15特割参照)

 

f:id:hyougaa:20140904012354p:plain

 

4人家族を例にしているので、本記事も4人家族(大人4名)にしています。

そして、スマホをみんな使ってる設定で。

子供の場合、500円割引が多く、パケット量が1GB増量されます。

ただ、子供含む場合、最安プラン料金が変わってくるので、別途書きます。

 

 

 

<最安プラン> docomoSoftbank対象

 

電話カケホーダイライト(5分以内電話無料)+家族で15GBプラン

合計22000円 (1人あたり5500円)

 

これが一番安いプランになります。

内訳はdocomo準拠でこの様になっています。

 

カケホーダイライト(4人分)    1700円×4

シェア15GBパック               12500円    

シェアオプション(3人分)            500円×3

メールサービス(4人分)               300円×4

合計(1人あたり)                   22000円(5500円/人)

 

個人プランでの最安はauにおける、カケホーダイライト+3GBデータ定額の6300円になっています。

docomoSoftbankの場合、同プランを5500円で使用でき、高速データ通信も3.5GB程度使えます。

 

また、docomoでは長期ユーザーに対しては最大1500円の割引があるのも見逃せません。

 

パケットの上限にすぐ達する可能性も・・・

 

しかし、パケット量の上限が3GB程度というのは、皆さまどう感じているのでしょうか。

日々使っていて上限に達していない方が多いのであれば、皆さま上記の料金プランに見直されることをおすすめします。

家族グループを組むと、誰か1人がヘビーユーザーの場合、すぐに速度制限に引っかかります・・・

youtubeとかを屋外で見る方とかは特に・・・。

そういった方には別記事にてまた他のプランを提案したいと思います。

 

関連記事

3大キャリアの最低料金とおすすめキャリアをまとめてみた 個人編 - 生きサポ

Y!mobileは本当に安いのか

機種変更で携帯電話をできるだけ安く購入するには - 生きサポ