喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

精神疾患治療にかかる費用を一割負担にする方法

 
精神疾患を患っている患者の多くは、収入が乏しくなりがちだ。
かつ毎日高額な診察費を薬代を支払っていることが多い。
 

そのため日本には精神疾患者に対象とした自立支援制度がある。

こちらは医師が診断書発行し、そして申請行うことで受給できる制度である。
具体的には診察費および薬の代金が3割負担から1割負担になる
更に、昨年度の所得に応じて支払う医療費の上限額が決まる自治体もある。
そして、支払った医療費の半額が返還される自治体もある。
.

 

こうした制度を利用することで、精神疾患者の金銭的な不安を取り除いたり、またより高度な医療を受ける、かつ安心して治療受けることができると考えられる。
私が集団カウンセリングを行っている際にも、こうした制度を知らない患者さんを見受けられた。
 
もしかしたらインターネット上にも同じような人がいるかもしれないと思い、啓発的な意味でこの記事を書いた。
同じような人が知人に居る方は助けると思って提案していただければ幸いです。
 
適応可能な範囲は、各自治体の保健福祉課・もしくは障がい福祉課へ相談するとよい。
申請は、代理人を立てれば保護者や配偶者でも行える自治体が多い。
私も寝込んでいて、申請は代理で行ってもらった。
早い社会復帰と経済的安定を目的に積極的に利用してもらいたいと思う。
(結局早く元気になれば、労働が早く可能になり、納税額も多くなるため)
 
 
その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

細川 貂々 幻冬舎 2009-04
売り上げランキング : 9533
by ヨメレバ
 
こちらの本にも一応説明が載っています。
もちろん、この本も前の本も好きです。
ただ、一番有名なツレうつ1冊目で紹介してほしかったなぁとぼやきます。