喋る日記帳

日記がお喋りしています。あーあーあー

もう働くだけじゃ豊かになれない 21世紀の資本論

アメリカで大流行しているトマ・ピケティさんの「21世紀の資本論」。

こちらの本は、世界中の資本・金の流れを10年以上かけて収集された集大成から、21世紀の経済はこうなる!という予想を立てている本らしい。

 

まだ日本語訳版は発行されておらず、週間登用経済eビジネス新書で概略をまとめてあったので、そちらを購入。

 

仲良く貧困化の未来

 

よく聞く話だが、富めるものはますます富み、そうでないものとの格差は広がるばかりである。それを世界中の富裕層、中間層、底辺層の保有資産の推移から明らかにしている。

特に、資本(株等)の生産性が、労働のものより上回っているデータは、衝撃を受けた。

 

私は、働けば豊かになると思っていたし、労働とは人類全体を豊かにする一端を担っていると思っている。

が、貢献の度合いを金銭というものさしでみれば、資本の方が、働くより人類を豊かにしているらしい。

 

私の働く価値というのは、金というものさしでは資本に勝てない。

 

働けば働くほど、金持ちとの格差が広がる。

それは確定的に明らかになってしまった。

 

私が労働という行為に対して、お金以外の価値を見出すと金持ちに勝つことができるんじゃないだろうか。(もちろん勝ち負けでは議論できないが、豊かになる指針として)

 

金は要らない、代わりの何かを積み上げる社会

 

結局、仕事をするって、信頼や評価を勝ち取るってことだと思った。

○○さんなら任せられる。そういう信頼・評価を勝ち取っていくのが、今後の戦略で必要になってくる。

誠実な人とか、信頼できる人とか、そういう私が向いていない人しか、金以外の何かを積み上げられない。

私は嫌なやつだと思うし、お世辞も世間話も苦手だ。

けど、こうした性格の良い人しか生き残れそうにない嫌な時代が来てしまったことを感じている。

 

嫌なやつだと自覚がある人は、性格を直すか、デメリットを無視できるくらい金を稼ぐか、どっちかになるんだろうな。